ドジャース・大谷翔平 豪快16号は「ゴルフボール」!? 現地実況驚がく「壮大な一発」

[ 2024年6月12日 14:20 ]

インターリーグ   ドジャース15-2レンジャーズ ( 2024年6月11日    ロサンゼルス )

右中間に16号本塁打を放ったドジャース・大谷翔平
Photo By スポニチ

 ドジャースの大谷翔平投手(29)が11日(日本時間12日)、本拠でのレンジャーズ戦に「2番・DH」で先発出場。第4打席で5試合ぶりとなる16号本塁打を放つなど、2打数1安打3四死球。チームの大勝に貢献した。

 7-1の6回1死一塁で迎えた第4打席は、相手3番手・アンダーソンのやや高めの直球をフルスイング。打った瞬間、本塁打を確信する大飛球が右中間席に吸い込まれ、433フィート(約132メートル)の豪快な一発となった。7回の第5打席は死球で出塁した。

 この試合を中継していた「スポーツネットLA」の実況ジョー・デービス氏は、「ボールを右中間へ力強く放った!壮大な一発!ショウヘイ オオタニ」と絶叫。続けて、「打球はゴルフボールとなって夜空に消えていった!」と豪快な一発を表現した。

 大谷の本塁打は5日(同6日)のパイレーツ戦で放って以来、5試合ぶり。16号はリーグトップのブレーブス・オズナに2本差となった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月12日のニュース