×

ヤクルト山田哲人 特大の先制15号「良かった」史上最速30日M灯へ9戦ぶり一発 村上盗塁から2点目 

[ 2022年6月29日 19:20 ]

セ・リーグ   ヤクルト―広島 ( 2022年6月29日    マツダ )

<広・ヤ>4回無死、山田は左越えにソロ本塁打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの山田哲人内野手(29)が29日の広島戦(マツダ)に「3番・二塁」で先発出場。0―0の4回に先制の15号ソロを放った。

 「打ったのはストレート。追い込まれていたがしっかりと振り抜くことができました。先制することができて良かったです」

 球団月間最多勝となる19勝へ連勝が期待される6月残り2戦。その4回に山田が左翼席上段に突き刺す先制15号ソロを放った。先頭で打席に立った山田は相手先発・遠藤の3球目141キロの真ん中高めのストレートを完璧に捉えた。18日の広島戦(神宮)で14号ソロを放って以来となる9戦ぶりの一発にも表情を変えることなくダイヤモンドを1周した。

 続く4番・村上は逆方向に狙いすましたかのような強烈な打球の安打を放ち、すかさず今季9個目となる盗塁も決め追加点のチャンスをつくる。5番・坂口が右前打を放ち1死一、三塁とすると、6番・中村がきっちりと中犠飛を放ち2点目を奪った。

 《球団最多タイ19勝見えた》ヤクルトは現在17勝。球団最多は02年8月の19勝で、残り2戦2勝なら並ぶ。また、最短マジック点灯日は30日。ヤクルトが広島に連勝、DeNAが阪神に連敗なら巨人の結果次第でM56などが出る。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年6月29日のニュース