×

ヤクルト村上 “3冠王”に1厘差!DeNA佐野捉えた.320 本塁打は9差、打点は19差の超独走

[ 2022年6月29日 22:54 ]

セ・リーグ   ヤクルト9―2広島 ( 2022年6月29日    マツダ )

<広・ヤ>8回無死一塁、村上は左中間に2点本塁打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 3冠王見えた!ヤクルトの村上宗隆内野手(22)が29日の広島戦(マツダ)で8回に3戦連発となる28号2ラン、9回には2打席連発となる29号2ランを放った。この日の2本で球団最多記録となるバレンティンの月間35打点に並んだ。6月に限ると月間35打点はプロ野球新記録。今月5度目となった1試合2発で、30日の同戦では筒香が持つ月間6度のマルチ弾に挑む。

 村上の本塁打29発は2位の岡本和(巨人)に9本差をつける独走状態。打点も78とし、同じく2位の岡本和の59に19打点もの差をつけた。そしてこの日、打率首位のDeNA佐野は阪神戦で4打数1安打、打率.321とし数字を少し下げた。一方の村上は5打数3安打で打率.320と数字を上げ、ついに1厘差に迫った。

 圧巻の3戦連発、そして2打席連発の28、29号2ランで今月14発、35打点として球団日本人最多記録を更新するとともに、球団を代表する大砲バレンティンの持つ球団月間最多打点に並んだ。6月に限ればプロ野球新記録となる35打点。残り1日。「村神ってる」村上は、小鶴誠(松竹)が1950年に記録したプロ野球月間最多打点となる39打点、そして筒香の持つ月間マルチ弾6度の記録に挑戦する。ちなみに月間打点歴代2位は長嶋茂雄(巨人)が1966年に記録した「36」。

 2戦連続の2発で月間最多タイ記録となる6度目のマルチ弾、そして4打点で並ぶプロ野球月間最多打点…簡単な条件ではないが、今の村上なら簡単に達成してしまってもおかしくない。その先には今季初めて打撃3冠に「村上」が立つ。

 《最短マジック点灯は7月1日》ヤクルトはこの日の勝利で今月18勝目。球団最多は02年8月の19勝で、30日の同戦に勝利すれば球団タイ記録となる。なお、この日DeNAが阪神に勝利したため最短でのマジック点灯は7月1日に。中日戦(郡山)に延長戦で敗れた2位・巨人とのゲーム差は12となった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年6月29日のニュース