日本ハム・稲葉GM「プロ野球47年会野球教室2021」で80人の小学生に指導

[ 2021年12月13日 05:30 ]

ジェスチャーを交えながらスイングの基本を指導する日本ハム・稲葉篤紀GM(左)
Photo By スポニチ

 東京五輪で金メダルを獲得した侍ジャパン前監督で日本ハムの稲葉篤紀氏(現日本ハムGM)が、福島市内で行われた「プロ野球47年会野球教室2021」に参加した。

 昭和47年生まれのプロ野球選手が毎年開催しているイベント。元中日・和田一浩氏、元ロッテ・藤田宗一氏らとともに、県内から集まった約80人の小学生に打撃や守備、投球の基本を熱心に指導した。「47年会」の会長を務める稲葉氏は「五輪で応援してもらった感謝の気持ちを込めた」と振り返った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月13日のニュース