日本ハム・上原、守護神転向も 栗山監督プラン明かす「右左の打者関係なく投げる」

[ 2021年9月28日 05:30 ]

日本ハム・上原
Photo By スポニチ

 日本ハムの栗山監督が6年目左腕・上原の守護神転向プランを明かした。

 「右左(の打者)関係なく投げるし、四球の怖さもない」。過去5年間は先発一筋だったが、今季は9日に1軍昇格後は全て中継ぎで6試合に投げ、計7回を無失点と結果を残している。

 栗山監督は今後も中継ぎでの出番を増やしながら適性を見極める方針だ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月28日のニュース