巨人3点リード守れず…9回守護神・デラロサ2被弾に宮本コーチ苦言

[ 2021年6月2日 05:30 ]

交流戦   巨人4―4西武 ( 2021年6月1日    東京D )

<巨・西>9回2死、森(手前)に同点ソロ本塁打を打たれたデラロサ(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 巨人は3点リードの9回に守護神デラロサが2被弾し、引き分けに終わった。無死一塁から代打・メヒアに右越え2ランを許し、12試合目で今季初失点。2死後に森の右中間ソロで同点とされた。

 7回には鍵谷が岸に左中間ソロを浴び、3本塁打で全4失点。宮本投手チーフコーチは「一発は絶対避けなきゃいけない部分。これだけは注意してもらいたい」と奮起を促した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年6月2日のニュース