ロッテ・美馬 移籍後初完投勝利!沢村&益田が休養日、“手薄”ブルペン救った

[ 2020年10月5日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ8―1西武 ( 2020年10月4日    ZOZOマリン )

<ロ・西>1失点完投勝利にガッツポーズする美馬(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 チームを救う完投だった。ロッテの美馬が4安打1失点無四球で、移籍後初完投勝利。ジャスト100球で、失点は初回の先頭弾のみに抑え「疲労感も全然ない。ピンチを招いて全力投球する場面もなかった」と笑った。

 ともに前日までの5戦中4試合に登板した守護神・益田と、沢村はこの日休養日。山本と東妻も体調不良でベンチを外れた。登板可能だった救援投手は3人。「今日は絶対に長い回数を投げなくちゃいけなかったので」とブルペンが手薄ななかで、1人も登板させることなく試合を終えた。

 本拠地ZOZOマリンで5勝無敗で、リーグトップの楽天・涌井にも1勝差。「涌井さんが走っている。自分は完全に打ってもらって、勝たせてもらっている感じ」。どこまでも謙虚だった。(横市 勇)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月5日のニュース