「半沢」ファン・DeNA大貫が日曜日に好投!8回途中1失点で8勝目「リズムに乗って投げられた」

[ 2020年10月4日 17:30 ]

セ・リーグ   DeNA9―3中日 ( 2020年10月4日    横浜 )

<D・中>3本塁打6打点のオースティン(左)と8勝目の大貫はお立ち台でポーズを決める(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAの大貫晋一投手が8回途中1失点の好投で、自己最多を更新する8勝目を手にした。

 「豆苗」のあだ名を持つ右腕は、3回までパーフェクト投球。5回無死一、二塁のピンチも、阿部とカットボールで遊ゴロ併殺に仕留めて脱出した。8回無死から阿部にソロを浴びたが、失ったのはこの1点のみで救援陣に後を託した。

 「立ち上がりにいい形で入れたのもありましたし、野手の方が先制点を取ってくれてリズムに乗って投げることができました」と笑顔で振り返った。

 ドラマ「半沢直樹」好きで、9月27日に放送された最終回も楽しんだという大貫。「半沢直樹」は終わったが、「半沢ロス」な日曜日に、大貫の投球がファンを楽しませた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月4日のニュース