ヤクルト・スアレス 阪神移籍の弟と投げ合い心待ち「コンディション整えている」

[ 2020年4月17日 05:30 ]

コンディション調整を続けるスアレス(球団提供)
Photo By 提供写真

 ヤクルト・スアレスが今季ソフトバンクから同一リーグの阪神に移籍した弟のロベルト・スアレスとの投げ合いを心待ちにした。

 神宮で自主練習を行った右腕は球団を通じ「(弟と)毎日電話で話している。早く対戦できることを願っている」とコメントした。来日2年目の今季は開幕ローテーションの座を当確させながら、延期の憂き目にあっている。それでも「いつ試合ができるようになっても問題ないように、しっかりとコンディションを整えている」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月17日のニュース