巨人・沢村 野手陣とともにノック受ける 宮本コーチに褒められた直後に…

[ 2020年4月17日 16:19 ]

ジャイアンツ球場でノックを受ける巨人・坂本(後方)と沢村
Photo By 提供写真

 巨人は17日、ジャイアンツ球場で個人調整を行い、沢村拓一投手(32)が、坂本勇人内野手(31)、炭谷銀仁朗捕手(32)、亀井善行外野手(37)の野手陣と共に相川バッテリーコーチのノックを受けた。

 視察に訪れた宮本投手チーフコーチは「野手に入って、柔らかく投げること、スナップを使う練習は大切だよ。いい練習をしているよ」とコメント。投手特有のテイクバックを大きく取るフォームと違い、野手は捕球後すぐにトップポジションに持っていって投げる動作を実践する。この「スナップスロー」は、投手にとってもフィールディングでは生かされる。

 宮本コーチは、沢村の軽快な動きを褒め称えたが直後に暴投を投げたため「やっぱり褒めるとダメだね(笑)」と一言。笑いを誘っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月17日のニュース