巨人・岡本「無の境地」コロナ拡大で開幕不透明も「僕は何も考えません」

[ 2020年4月9日 05:30 ]

三塁でノックを受ける巨人・岡本
Photo By スポニチ

 「無の境地」で、どんと構える。巨人の岡本が川崎市のジャイアンツ球場で調整。緊急事態宣言が発令され、チームは12日までとしていた個人調整期間を「当面の間」に延長したが、「僕は何も考えません。“無”ですね」と泰然自若の姿勢を強調した。

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、個人調整期間はまたしても延びた。それでも若き主砲は「毎日できることをやっていくだけです。何も変わりませんよ」とこれまでと同じ言葉を繰り返した。何事にも動じない姿は、巨人の4番の先輩で「不動心」を信条とする松井秀喜氏と重なる。

 松井氏に春季キャンプで指導を受けた18年から2年連続で30本塁打を達成し、原監督から「若大将」の愛称も継承。今季は開幕では初となる「4番・三塁」で全試合出場が期待されており、この日は三塁で精力的にノックを受けた。開幕は不透明でも、ぶれることなく一日一日、全力を尽くす。(青森 正宣)

 ≪「4番・三塁」で計61試合出場≫岡本(巨)は18年93試合、19年134試合の計227試合に先発4番で出場。うち、三塁で出たのは18年7試合、19年54試合と計61試合ある。プロ入り初の「4番・三塁」は18年6月7日楽天戦。開幕戦は19年に先発出場しているが、一塁。三塁で先発なら、巨人では14年村田以来になる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月9日のニュース