阪神 糸井もコロナ基金への寄付を報告「少しでも力になればと思い…」

[ 2020年4月9日 22:29 ]

阪神・糸井
Photo By スポニチ

 阪神・糸井嘉男外野手(38)が9日夜、自身のインスタグラムを更新。クラウドファンディング大手「READYFOR」が立ち上げた「新型コロナウイルス感染拡大防止活動基金」に寄付したことを報告した。

 「阪神タイガース、糸井嘉男です。今回コロナウイルスと戦われている闘病者の方々、医療関係者の皆様のために少しでも力になれればと思い寄付させていただきました」

 糸井は投稿した動画で寄付を報告。「この支援の輪が広がって、1日でも早く終息することを願っています」と話した。

 日本プロ野球選手会は8日に、新型コロナウイルスの感染拡大防止の支援へ、所属する全選手に呼びかけ、寄付活動を始めたことを発表していた。集められた寄付金は医療機関や研究開発、子供たちの支援などに使用されるという。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月9日のニュース