巨人守護神・デラロサ 異例75球の投げ込み「自分でできることをしっかりやっていく」

[ 2020年4月9日 05:30 ]

ブルペン入りした巨人・デラロサ
Photo By スポニチ

 巨人守護神のデラロサがブルペン入り。「まだ開幕がいつになるか分からないし、時間が空くので少し投げ込んだよ」と座った捕手を相手に救援投手では異例の75球を投じた。

 来日2年目の助っ人右腕は「僕は全体練習が好きだから、この(個人調整)期間は残念だけど、自分でできることをしっかりやっていくよ」と前向きに捉えた。ロングリリーフも期待される中継ぎ右腕の古川は捕手が立った状態と座った状態で計40球を投げ、支配下登録を目指す育成2年目右腕・沼田も25球を投げ込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月9日のニュース