阪神ドラ5・藤田 「ノート」バージョンアップへ「各投手、細かいところまで記入する」

[ 2020年1月13日 05:30 ]

声を出しながらウォーミングアップを行う阪神・藤田(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神のドラフト5位・藤田健斗捕手(18=中京学院大中京)は12日、高校時代からつけている“藤田ノート”をバージョンアップさせ、厳しい戦いに備えることを宣言した。

 「今はバッティングがメインですけど、ピッチャー(の球)を受けていくにつれて各投手、どういった球筋とか細かいところまで記入するつもりなんで、これからやっていきたいです」

 入寮時にはヤクルトなどで監督を務めた野村克也氏の著書「野村ノート」を持参。愛読書としており、自身も名捕手の道を歩むべくノートを駆使する。入寮に合わせ冊子も新調した。プロは高校と違い、何十人もの投手の特徴を把握しておかなければならない。「(性格などは)メモせずとも(接した)感じでわかる」としたが「もう一回確認するという意味でつけていきたい」と試合に万全を期すための準備として詳細に書き記す構えだ。

 野村氏をはじめ阪神にかつて在籍したマートンや城島、現役では近本らが“メモ魔”として知られている。6日の入寮から7日が経過し「やっといい緊張感でリラックスした雰囲気で臨めている」と藤田。真っ白な“相棒”を文字で埋め尽くし、プロの世界で成り上がる。(北野 将市)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月13日のニュース