秋山 MLB各球団と面談し帰国「ボチボチです。言えることは何もない」

[ 2019年12月14日 05:30 ]

米・サンディエゴから帰国した秋山(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 大リーグ関係者が一堂に会するウインターミーティングは12日(日本時間13日)、4日間の日程を終えた。

 西武から移籍を目指す秋山はウインターミーティング会場のサンディエゴから帰国した。現地ではケーシー・クロース代理人とともに、最有力なダイヤモンドバックスをはじめカブス、レッズ、レイズと面談。「ボチボチです。言えることは何もない。(決定のメドについては)それも含めて言えない状況です」と話すにとどめた。

 ダ軍のマイク・ヘーゼンGMは「とても良い印象を与えてくれる人物」、カ軍のジェド・ホイヤーGMは「秋山に会った。でもまだ多くの球団が含まれている状態」と説明。また、米サイト「ジ・アスレチック」は「カージナルスは秋山を長く見続けている球団の一つ」と報じた。秋山はきょう14日、ハワイでの優勝旅行へ出発。つかの間の休息を経て吉報を待つ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月14日のニュース