楽天 渡辺直人 現役続行決意 7月右足首手術も「球団に恩返しを」

[ 2019年10月2日 05:30 ]

楽天の渡辺直
Photo By スポニチ

 楽天の渡辺直人内野手(39)が来季も現役を続行することが1日、分かった。今年7月に右足首の手術を受け、現在もリハビリ中。この日までに球団と話し合い、来季も契約を結ぶ方針となった。

 13年目の今季は右足首の故障もあって代打で19試合の出場にとどまった。シーズン中の復帰はかなわなかったが「現役として勝負をさせてもらう以上まずはコンディションを万全にしなければいけない」と来季への強い決意を口にしている。

 出場機会は減ってきているが、ムードメーカーとしてチームへの影響力は絶大だ。「手術を受けさせてくれた球団に恩返しをしないまま終われない」と渡辺直。今季もヤクルト・館山、広島・永川、日本ハム・実松ら多くの選手がユニホームを脱いだ「松坂世代」の灯を消さないためにも、覚悟を決めて14年目のシーズンに挑む。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月2日のニュース