ソフトB CSファーストS「昼王」千賀で先勝だ 工藤監督「初戦が大事」

[ 2019年10月2日 05:30 ]

ゴムを引っ張り笑顔でトトレーニングに励む千賀
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・千賀が5日から楽天と対戦するCSファーストS(ヤフオクドーム)で第1戦の先発を務める。エースは「そのつもり(初戦に投げる)でやってきたし、チームのために腕を振るだけ」と闘志を燃やし、工藤監督も「初戦が大事。勝ったチームが圧倒的に有利なのは間違いない」と期待した。

 今季の楽天戦は5試合で1勝3敗ながら、防御率は2・91と苦手意識はない。加えて、心強いデータもある。今季のデーゲームは5戦5勝。ファーストSは1、2戦がデーゲームで戦うだけに「昼王」の出番だ。11月の「プレミア12」で侍ジャパン入り。ラグビーのW杯日本代表の活躍にも刺激を受け「負けないように頑張らなくちゃというのがモチベーション」。日の丸を背負う前に、ソフトバンクのエースとして2年連続日本一に導く。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月2日のニュース