西武・今井8回1失点も無援 初回の失点悔やむ「山本君に比べたら自分はまだまだ」

[ 2019年6月29日 05:30 ]

パ・リーグ   西武0―4オリックス ( 2019年6月28日    メットライフD )

森慎二氏も現役時代につけた背番号11を背負って力投した今井(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武・今井は8回1失点で7三振を奪ったが、無援に泣いた。初回、四球が絡んで先制され「悔いが残る1点」。同学年の山本に投げ負け「カットボールやカーブで簡単にカウントが取れている。山本君に比べたら自分はまだまだ」。

 この日は2年前に亡くなった元投手コーチの森慎二さん(享年42)の命日。森さんも現役時代につけた背番号11を背負った21歳右腕の好投に、辻監督は「森コーチも今井はよく投げたなと(天国から)見ているんじゃないか。よく踏ん張った」と目を細めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月29日のニュース