松坂「良くなっていると思う」も2週間程度ノースロー 名古屋で診察、右肩に炎症残る

[ 2019年2月19日 21:16 ]

中日・松坂
Photo By スポニチ

 中日は19日、ファンとの接触で右肩を痛めて北谷キャンプを離脱した松坂大輔投手(38)が今後はボールを投げる練習を2週間程度行わないことになった。

 中日は松坂の右肩の状態を、前回の12日と変わらない「右肩の炎症」と発表。与田監督ら首脳陣と協議した上で17日に沖縄を離れ、名古屋に戻ってチームドクターの診察を受け、肩に炎症が残っていると診断された。

 今後は名古屋を拠点としてリハビリとトレーニングを継続。松坂は19日、トレーニングのためナゴヤ球場を訪れ、「良くなっていると思う。少しでも早く投げたいという気持ちはある」と復帰への意欲を示した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年2月19日のニュース