楽天・浅村、実戦デビューへ万端 柵越え4発「良い感じで打てた」

[ 2019年2月19日 05:30 ]

楽天・春季キャンプ ( 2019年2月18日 )

美馬(左)を相手に鋭い打球を放つ浅村(3)(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 圧巻だった。楽天・浅村が18日、フリー打撃に登板したローテーション候補の美馬から17スイングで4本の柵越えをマーク。今キャンプで初めて投手と対したが、西武で昨季打点王を獲得した男の打球は力強かった。

 まずは4球目。外角の直球を右翼席に運ぶと、6球目の直球を捉えた打球は右中間奥の防球ネット上部に達した。最後の17スイング目は左中間への特大弾で締めくくった。安打性の当たりは8本。柵越えは全て直球で「今年初めて投手の球を見た割には、良い感じで打てた。イメージ通りの打球もいっぱいあった」と納得顔だ。投げた美馬も「チームメートになってくれて良かった。どう考えても凄い」と脱帽した。

 この日の打撃練習では「白」と「黒」の2種類のバットを使い分けた。ともに長さは85センチだが、白バットは870グラムで、黒は890グラム。「その時の感覚によるけど、基本的に軽い方が球の速い投手、変化球が中心の投手は重たいバットを使っています」と説明。相手投手や状況に応じてバットを替えるのは西武時代と同じだ。それぞれのバットで2本ずつ柵越えをマーク。「順調にきている」と話すように、実戦への準備は整いつつある。

 移籍後初の対外試合は、20日の日本ハムとの練習試合(金武)に決まった。「3番・二塁」でスタメン出場し、2打席で交代する予定。平石監督からは試合出場を含めて調整を一任されている。

 「例年通り違和感なくやれているので、これからどんどん上げていく」。FA移籍となった新天地でも泰然自若のスタイルを貫きながら、開幕まで状態を高めていく。 (重光 晋太郎)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月19日のニュース