DeNAドラ1・上茶谷&ドラ3大貫 20日実戦デビューでロッテの藤原封じ誓う

[ 2019年2月19日 16:28 ]

<DeNA宜野湾キャンプ>ブルペンで投げ込む新人の上茶谷(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 DeNAのドラフト1位・上茶谷(東洋大)と同3位・大貫(新日鉄住金鹿島)が、そろって20日のロッテとの練習試合で実戦デビューする。

 先発で2イニングを投げる予定の上茶谷は「あんまり“抑えよう、抑えよう”という思いじゃなく、自分のポイントをしっかり整理して投げたい」。すでにフリー打撃の登板では最速148キロをマーク。「真っすぐで強気に攻める」をテーマに掲げ、注目を浴びているロッテのドラフト1位・藤原について聞かれると「藤原の初ホームラン(の相手)とか、やだな」と真っ向勝負で抑えるつもりだ。

 上茶谷に続いて2番手で2イニングを投げる大貫は「結果を求めたい。結果を出さないと生き残れないんで」。社会人出身で、実戦派として評価を上げている25歳。「テーマは直球がどれだけ通用するか。藤原?打ち取りたいですね」とこちらも燃えていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月19日のニュース