牧田 GMの前で柵越え含む5安打浴びる「簡単に捉えられていた」

[ 2019年2月19日 10:14 ]

 パドレスの招待選手の牧田は18日、プレラー・ゼネラルマネジャーらの前で初めてフリー打撃に登板したが、30球を投げて柵越えを含む5本の安打性の当たりを打たれ、空振りも奪えなかった。

 「低めとコースをしっかり投げ切ることを意識したが、本当に簡単に捉えられていた」と反省。打者が差し込まれるような投球を目指しているが「真っすぐが走らない限りは変化球も生きない」と険しい表情だった。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月19日のニュース