日本航空石川野球部で窃盗 後輩に暴力も 青木教頭「あってはならないこと」

[ 2019年2月19日 13:50 ]

 日本航空高校石川(石川県輪島市)は19日、野球部員の2年生男子2人が後輩のキャッシュカードを盗んだり、暴力を加えたりしていたと明らかにした。同校は昨春の選抜高校野球大会で8強入りした実績がある。

 同校によると、2人は停学処分を受け野球部を退部。暴力を加えたとされる部員は自主退学し、もう1人は停学中という。日本高野連は暴力について注意、窃盗は厳重注意とした。野球部は練習を継続している。

 昨年1月、2年生部員が1年生の後輩部員のキャッシュカードを盗み、現金を引き出していた。昨年11月には別の男子部員が寮の自室に後輩部員を呼び出し、平手でたたいたという。

 同校の青木洋介教頭は「あってはならないこと。部員に窃盗や暴力行為の禁止を周知徹底し、再発防止に努める」としている。具体的な再発防止策は明らかにしていないが、寮の自室に他の生徒を呼び出さないよう伝えたという。

 同校野球部は2003年創部。春夏合わせて3回、甲子園に出場している。(共同)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年2月19日のニュース