大谷、キャンプ終盤でスローイングも 米メディアの取材に明かす

[ 2019年2月19日 05:30 ]

エンゼルス・春季キャンプ ( 2019年2月17日 )

米メディアの取材を受ける大谷(撮影・柳原 直之)
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷は米メディアの取材にも応じ、キャンプ終了までにスローイングを再開できる見通しを明かした。大リーグ公式サイトが大谷の「おそらくキャンプ終盤にボールを投げることができる」というコメントを紹介した。

 投手のトミー・ジョン手術後のキャッチボール再開は4〜5カ月後が目安。大谷がキャンプ終盤に投げられれば約5カ月で、慎重を期した形となる。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年2月19日のニュース