ロッテ 平沢 会心バックスクリーン「一歩でも二歩でも先輩をリードしていたい」

[ 2019年2月10日 05:30 ]

ロッテ・春季キャンプ ( 2019年2月9日 )

初回、2ランを放つ平沢
Photo By スポニチ

 4年目の平沢は遊撃レギュラーへ猛アピールした。5―0の初回2死二塁、先発右腕・翁(ウォン)?(ウェイ)均(ジュン)の直球をとらえ、バックスクリーンへ1号2ラン。今季対外試合では「12球団1号」にもなった。

 「ショートを獲りたい気持ちが強い。今は打撃も守備も(藤岡に)負けている。一歩でも二歩でも先輩をリードしていたい」

 昨季112試合に出場し、1軍に定着したが、87試合は外野手だった。キャンプでは遊撃手に再挑戦。2年目の藤岡が、右膝炎症で2軍調整もあり、不在期間にその差を詰めるつもりだ。

 昨季終了時は75キロだった体重は5キロ増え、80キロと長打力も向上。「若手で引っ張っていきたい」。試合後は特守を志願するなど、意欲的に汗を流した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月10日のニュース