DeNA 3・10オープン戦のスペシャルゲストに山本譲二

[ 2019年2月5日 13:57 ]

 DeNAは5日、3月10日に山口県下関市のオーヴィジョンスタジアム下関で行う広島とのオープン戦で、歌手の山本譲二がスペシャルゲストとして登場すると発表した。山本は同市出身。早鞆高3年時の1967年に夏の甲子園に出場している。

 同市は球団が大洋ホエールズとして発足した1950年から52年までの本拠地だった。DeNAは球団創設70年を記念した特別企画を今季を通じて実施することとしており、同市でのオープン戦開催は第1弾。選手は創設時のユニホームの復刻版を着用して試合に臨む。

 山本は「小学生の頃に父からホエールズのキャップを買い与えられるなど、父の影響で大洋ホエールズファンになっていました。大好きな故郷下関で試合が開催されること、その試合に関われることがとてもありがたい」とコメント。試合前には代表曲「みちのくひとり旅」のスペシャルバージョンを歌い、試合中はDeNA選手の第1打席に登場コールを行う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月5日のニュース