ヤクルト塩見、開幕スタメン前進 ドラ4猛アピールの1号&初盗塁

[ 2018年3月8日 05:30 ]

オープン戦   ヤクルト8―3中日 ( 2018年3月7日    宮崎アイビー )

<ヤ・中>1回裏2死、ヤクルト塩見は左越えソロを放つ
Photo By スポニチ

 開幕1軍…いや開幕スタメンまであるかもしれない。ヤクルト・小川監督は「迷い始めた。うれしい誤算」とにんまり。ドラフト4位・塩見(JX―ENEOS)の抜群のパフォーマンスを喜んだ。

 「実力的には1軍レベルではない。あとは気持ち。相手は名前のある投手で気合が入りました」

 初回、2点先制後の第1打席。中日で昨季まで2年連続開幕投手を務めた大野雄の浮いたフォークを捉え、左中間席へ「プロ1号」アーチを運んだ。「上体が突っ込んでしまうのが悪癖」とキャンプから修正に励み、オープン戦は14打数7安打の打率・500、4打点と結果が出ている。3回は左前打を放ち、すかさず二盗。持ち味の俊足も披露した。

 中堅の青木と左翼のバレンティンは不動とみられる外野陣。塩見は右翼の座を雄平、坂口らと争う。この日は雄平が下半身のコンディショニング不良で一時遠征を離れたチャンスをものにした。開幕の相手・DeNAは今永ら好左腕を並べ、雄平、坂口とは違う右打者の強みを生かしやすい。晴れ舞台へ突き進む。 (細川 真里)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月8日のニュース