PR:

広島ドラ1中村奨 初屋外フリーも柵越えなし「ミスショットが多かった」

初の屋外フリー打撃を行う中村奨
Photo By スポニチ

 広島のドラフト1位・中村奨成捕手(18=広陵)は6日、宮崎県日南市に場所を移した2軍キャンプ第2クール初日にプロ入り初の屋外フリー打撃に臨んだ。

 26スイングで柵越えは0本に終わり、「ミスショットが多かった」と反省。全体練習後には居残りでティー打撃を追加するなど修正に努めた。

 2軍が拠点とする日南市内の東光寺球場。中村奨がファンの前で初披露した打撃練習はホロ苦い内容だった。両翼92メートルで決して広くはなく、左中間方向へ“追い風”も吹いていた中、打撃用マシンと打撃投手を5球ずつ交互に打ち、計26スイングで柵越えは0本。昨夏の甲子園で大会新記録の6本塁打を記録した強打は不発だった。

 「ミスショットが多かったですね。タイミングの取り方もしっかりしていかないといけない」

 無理もない。新人合同自主トレもキャンプ第1クールも打撃練習はファンが立ち入ることの出来ない大野練習場の室内練習場で実施。本人にとってもファンにとっても今回が念願の青空の下での初スイングで、当然のように力も入った。

 しかも、打撃投手として登板したのは佐藤と横山で、1軍経験もある左右の現役投手だ。プロとは“初対戦”。直球のみの投球に対してバットの芯で捉えて快音を響かせたのは2本程度で、詰まった打球も目立った。「いろいろ言われすぎて頭がこんがらがっているので…。整理して明日からやっていきたいと思います」と懸命に切り替え、気持ちを奮い立たせた。

 宮崎県へ移動しても“奨成人気”は健在。約800人の観衆が集まり、テレビカメラ10台、報道陣約60人にも見守られた日南初日だった。

 「宮崎で本格的に始まったので、やってやろうという気持ちです。上(1軍)の方が見に来る機会も増えると思うので、しっかりアピールしたい」

 全体練習後には捕手特守を励んだ後、志願でティー打撃を追加した。「守備と並行してやらないといけないので。一人で残ったとしてもやらないといけない」。他の選手全員が引き上げた後も残ってバットを振り続けた。本領はこんなものではない。赤ヘル伝統の猛練習にさっそく身を置いた。(河合 洋介)

 ≪赤松も屋外フリー打撃>2軍キャンプ参加中の赤松も今春初めて屋外フリー打撃に臨み、46スイングで左翼方向へ柵越え3本を放つなど快音を響かせた。「しっかり動けました。(柵越えは)風速30メートルぐらいあったので、本当ならサードフライですよ」と笑った。昨春は胃がんの手術明けでキャンプは不参加。「去年のことを考えると、この時期は苦しかったので、野球ができていることが幸せ」と2年ぶりの日南訪問を喜んだ。

[ 2018年2月7日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:06月26日03時〜04時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム