ロッテドラ1安田「千葉のゴジラ」になりたい 目標は落合以来の本塁打王

[ 2017年12月6日 05:30 ]

プロ入りの誓いを手にする安田
Photo By スポニチ

 ロッテドラフト1位の安田(履正社)は、目標を「ホームラン王」と書き込んだ。

 高校通算65本を誇る左の長距離砲。ロッテでは86年落合博満を最後に出ていないタイトルに照準を定め「近い将来獲りたい。高校時代から本塁打にこだわってやってきたので、プロでも長打力を磨いていきたい」と宣言した。憧れている日米通算507本塁打を放った松井秀喜氏にちなんで「“千葉のゴジラ”と言われるように頑張りたい」と話すと、18歳らしく照れ笑いも浮かべた。

 日本史が得意という頭脳派な一面ものぞかせた安田。好きな武将に挙げた真田幸村のように「自分の信念を持って、プロの世界で戦っていきたい」。初めて袖を通した背番号5のユニホーム姿で決意を口にした。

 ▼ロッテ・重光昭夫オーナー代行(新入団選手発表会に出席)いい選手が入ってきたし、バランスのいいチームづくりをしてもらえれば。今年の成績が悪かったので、目先の勝負にこだわらず2、3年後に優勝するチームづくりを監督にはお願いしたい。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年12月6日のニュース