ヤクルト カラシティー獲得発表“サファテとルーキ合わせた感じ”

[ 2017年12月6日 05:30 ]

ロッキーズ時代のカラシティー(AP)
Photo By AP

 ヤクルトは5日、来季の守護神候補としてカブス傘下3Aアイオワのマット・カラシティー投手(26)を獲得したと発表した。

 1年契約で年俸は70万ドル(約7910万円)で背番号は「37」。球団を通じ「素晴らしい文化を持った美しい日本でプレーすることを、とても楽しみにしています」とコメントした。最速99マイル(約159キロ)の直球にスプリットを主体に操る右腕について、奥村国際グループ担当部長は「なるべく後ろ(の回)を投げてくれれば。頭を使う投手でサファテとルーキを合わせた感じ」と評し、期待を寄せた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年12月6日のニュース