フランコ、現役ではサファテにメッセも 外国人リーダー

[ 2017年12月6日 06:37 ]

巨人のマシソン
Photo By スポニチ

 外国人選手がリーダーを務めた例としては、98年にロッテのフランコが3年ぶりに復帰した際に重光昭夫オーナー代行から直々に主将に指名され開幕前だけでなくシーズン中にも決起集会を開きチームをまとめた。

 また、今季はソフトバンクのサファテのほか、阪神のメッセンジャーが「外国人投手キャプテン」として首脳陣や球団との橋渡し役を務めた。今季は3年連続4度目の開幕投手に指名されエースとして若手投手へアドバイスも送っている。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年12月6日のニュース