大谷、6チームと面談終了、残るはパドレス 米紙報道

[ 2017年12月6日 11:39 ]

日本ハムの大谷
Photo By スポニチ

 ポスティングシステムで大リーグ移籍を目指す日本ハム・大谷が5日(日本時間6日)、レンジャーズとロサンゼルスで交渉したと、テキサスの地元紙フォートワース・スター・テレグラム紙(電子版)が報じた。同紙はレンジャーズと同じア・リーグ西地区のマリナーズとも会ったと伝えた。

 レンジャーズとの会談は大谷の代理人事務所で行われ、レイ・デービス共同オーナーのほか、ジョン・ダニエルズGMやジェフ・バニスター監督ら8人が同席したとみられる。

 他の米メディアでは交渉初日となった4日にはジャイアンツに続いてドジャースとエンゼルス、5日にはカブスも面談を行ったと報道。書類選考を通過したとされる7球団のうち、パドレス以外の6チームが直接アピールを済ませたと報じられている。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年12月6日のニュース