阪神、ドリス&マテオ残留へ 補強は一塁守れる長距離砲に標準

[ 2017年10月18日 05:30 ]

阪神・ドリス
Photo By スポニチ

 阪神はエースのメッセンジャーは昨オフに2年契約を結んでおり来季残留が確定。37セーブでセーブ王を獲得したドリス、最優秀中継ぎのマテオの2人も来季残留が決定的だ。

 一方で野手ではキャンベル、ロジャース、投手ではメンデス、メンドーサの退団が濃厚だ。球団は来季へ向け、一塁を守れる長距離砲に照準を定める。日本ハムの中田らがFAとなる可能性はあるが、現時点でFA補強については消極的だ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年10月18日のニュース