由伸監督「勝たなくては」来季は3年契約最終年 シーズン報告

[ 2017年10月14日 05:30 ]

巨人の高橋監督
Photo By スポニチ

 巨人・高橋監督は13日、東京・大手町の読売新聞東京本社を訪れ、老川祥一オーナー、読売新聞の渡辺恒雄主筆らにシーズンの報告を行った。球団ワーストの13連敗を喫するなど苦しみ、11年ぶりのBクラスとなる4位でCS進出を初めて逃す結果に「大変申し訳ない」と謝罪した。

 約1時間の会談ではシーズンを振り返りながら、補強やドラフト戦略などを確認した。「勝負の世界なので勝たなくてはいけない」と高橋監督。来季は3年契約最終年の指揮を執る。老川オーナーは「それを前提に、問題点を分析しながら優勝を目指して頑張っていきましょうということ」と巻き返しに期待した。 (重光 晋太郎)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年10月14日のニュース