巨人・藤村、現役引退 “ジャイアンツ愛”貫く「敵としてイメージできず」

[ 2017年10月14日 15:00 ]

巨人・藤村大介内野手
Photo By スポニチ

 巨人の藤村大介内野手(28)が14日、現役を引退することを表明した。7日に戦力外を通告され、10年間の現役生活に別れを告げる決断を下した。この日、川崎市のジャイアンツ球場を訪れ「現役を引退し、球団でお世話になる決意を固めました。やりきったので、未練はありません」と話した。ポストは未定だが、スタッフとして球団に残る予定だ。

 熊本工から07年の高校生ドラフト1巡目で巨人に入団。11年には28盗塁で盗塁王のタイトルを獲得したが、近年は出場機会を大きく減らしていた。幼少期から大の巨人ファンだった。「小学生の頃に作文で“巨人に1位で入って、盗塁王とホームラン王になる”と書いていた。ホームランは打てなかったけど、盗塁王の夢を叶えることはできた」。

 戦力外を通告されてから1週間。当初は合同トライアウトに参加することも考えていたというが「他のチームのユニホームを着て、ジャイアンツを敵に回して戦うイメージがどうしてもできなかった。一筋でいたい」とジャイアンツ愛を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月14日のニュース