ロッテ デスパとの来季交渉打ち切り、球団本部長「厳しい条件だった」

[ 2016年12月19日 17:04 ]

 ロッテは19日、デスパイネとの来季契約交渉を打ち切ったと発表した。

 キューバ政府と残留交渉を続けていたが、林信平球団本部長は「残念ながら契約の更新は断念せざるを得ない。厳しい条件だった」と明かした。

 チームは今季、12球団最少の80本塁打だったが、そのうち24本を放っていた主砲の退団は大きな痛手。林本部長は「この穴埋めは痛いが、戦力を整えないといけない」と新外国人獲得を目指す方向性を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月19日のニュース