藤浪 2敗目 阪神はナゴヤDで昨年から6連敗

[ 2016年5月3日 17:19 ]

<中・神>7回1死二塁、大島に適時三塁打を打たれた藤浪

セ・リーグ 阪神2―4中日

(5月3日 ナゴヤD)
 阪神の先発・藤浪は、7回6安打4失点で降板。3連敗中の中日相手に2敗目を喫した。チームもナゴヤドームで昨年から続く連敗は6となり、貯金がなくなった。

 1点の援護をもらった初回に2失点し、逆転を許す不安定な立ち上がり。2~4回を無失点で抑えるも5回に桂のソロを浴び、再び勝ち越された。7回にも1点を加えられ、この回で降板。警戒していたビシエドは3打席無安打に抑えたものの、7回を通して与えた四死球は4。制球に苦しみ、奪三振は4止まりで、大事な場面での踏ん張りがきかなかった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2016年5月3日のニュース