「マリーンズ カンパイガールズ」メンバー2人が今季限りで卒業

[ 2015年11月18日 15:56 ]

「マリーンズ カンパイガールズ」の(左から)朝倉なおこ、平山美紗樹、今井さやか、大宮愛香、外塚歩、前田美里

 ロッテがプロデュースする球界初のビールの売り子アイドル「マリーンズ カンパイガールズ」の前田美里、外塚歩が、今季限りでグループを卒業することが決まった。

 前田美里は、14年からQVCマリンでビールの立ち売りクルーとして活動。プロジェクト立ち上げ時に、現役売り子の中からのオーディションでメンバーに選出された。外塚歩は一般オーディション組。過去に関西の野球場で売り子経験があることなどが評価されて、メンバーに選ばれた。

 前田は「昨年の私からしたら想像もつかないような、特別で、素敵な経験をさせていただきました。とても幸せな6カ月間でした。売り子としての経験、アイドルとしての経験は私にとって宝物です!来年は就職活動をしながらになりますが、売り子のアルバイトは続けさせていただきたいと考えています。もし見かけたら声かけてくださいね!」とコメント。
 
 外塚は「結成からあっという間に今に至りますが、この1シーズン、貴重な経験をたくさんさせていただき本当に濃い1年になりました!ファンの皆様が応援してくださったこと、皆様とお話したことずっと忘れません!」と話した。

 前田、外塚を含むマリーンズ カンパイガールズは11月22日のファン感謝デー(参加予定)まで。当日はデビューCD「カンパイ娘」を球場横マリーンズストアプラザ店限定で9時より300枚限定で販売する。CD購入特典として握手会参加権がついている。
来季は新メンバーをオーディションで選んで活動を続けていく予定だ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年11月18日のニュース