小久保監督 韓国戦打順はおかわり次第「どれくらい回復するか」

[ 2015年11月18日 05:30 ]

打撃投手を務めた小久保監督。奥は中村悠

 野手は捕手の3人以外は完全休養日となった。侍ジャパンの小久保監督は「あす(18日)東京に戻って練習するので、きょうは選手にゆっくり休んでもらいたい」と説明した。選手は観光などに出掛け、リフレッシュした。

 小久保監督は準決勝に向けて「(右太腿の違和感で準々決勝を欠場した)中村(剛)の足の状態が、どれくらい回復するか。回復を見てスタメンを決めたい。打順は中村次第」と話した。中村剛が外れた場合は、前日のプエルトリコ戦同様、4番・筒香、5番・中田とすることが濃厚だ。

 指揮官はこの日、嶋、中村悠、炭谷相手に打撃投手を務め、約90球。「打撃投手は去年の日米野球以来かな。あれくらいは投げられるけど、しばらくは動けないな」と笑った。「長かったな。やっと日本へ帰れる」。頂点まであと2勝。日本での最後の決戦へ気持ちを切り替えていた。(倉橋 憲史)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年11月18日のニュース