中日・亀沢 4・5倍増!2000万円 ソフトB育成から移籍1年目で

[ 2015年11月18日 05:30 ]

中日の亀沢

 「ナゴヤドリーム」をかなえた。中日の亀沢恭平内野手(26)が17日、ナゴヤ球場で契約交渉に臨み、今季年俸から約4・5倍となる2000万円で更改。昨季まで3年間はソフトバンクで育成選手だったが、新天地で大きく羽ばたいた。

 「もう少し少ないと思っていた。1軍では1年目なので成績がどうだったかはわからないけど、2軍では到底できない経験ができた」

 加入1年目から1軍定着し、いきなり荒木と二塁のポジションで併用され、存在感を見せた。「来年の一つの目標はセカンドでレギュラーを奪うこと」。ソフトバンク仕込みの元気さと明るさでムードメーカー的な役割も果たし、「このチームはそういう部分も必要となるので、来年は同類を増やしたい」ともう一つの目標も設定した。 (山添 晴治)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年11月18日のニュース