広島・小窪 FA宣言せず残留を正式表明「決めていた」

[ 2015年10月17日 05:30 ]

広島の小窪

 今季、国内フリーエージェント(FA)権の取得条件を満たした広島・小窪哲也内野手(30)が16日、広島市内の球団事務所で球団側と2度目の話し合いを行い、宣言せずに残留することを正式に表明した。

 小窪は「広島に残留します。自分の中では決めていた部分もあるので」と明言した。この日は単年契約、今季年俸2400万円から1600万円増の年俸4000万円(金額は推定)を提示されたと見られる。今季は主に代打で69試合出場(先発は6試合)して打率・262。定位置奪取へ向け「まだまだレベルアップしていかないと」と意欲を見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月17日のニュース