イチロー メジャー歴代37位2927安打 王さん5290出塁も超えた

[ 2015年9月4日 05:30 ]

<ブレーブス・マーリンズ>勝利の儀式を行うイチロー(中央)(AP)

ナ・リーグ マーリンズ7―3ブレーブス

(9月2日 アトランタ)
 マーリンズのイチローは8月21日以来、今季18度目のマルチ安打を記録。メジャー通算2927安打とし、歴代37位のアル・シモンズに並んだ。

 逆転された直後の4回、先頭で右中間二塁打を放つと、次打者の二ゴロで三塁に進み、犠飛で同点の生還。「野球をやっている感じになる」と納得の攻撃で同一カード3連勝に貢献、8回には二塁内野安打も放った。

 今季チーム最長の20連戦を終え、借金24ながら5月14日以来の地区3位に浮上。うち17試合に先発した現役最年長野手は「僕にとってはゲームがあった方が楽ですよ。(試合前練習などで)余計なことはしないということくらい」と話した。8月31日に並んだソフトバンク・王貞治会長が持つ日本記録の5290出塁もあっさり突破。夏場の長期連戦でも大ベテランの歩みに鈍りは見られない。 (笹田幸嗣通信員)

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年9月4日のニュース