マートン 最速6年目1000安打 青木らの7年を抜く

[ 2015年9月4日 05:30 ]

<神・広>初回、マートンは中前適時打を放ち1000安打を達成

セ・リーグ 阪神5-1広島

(9月3日 甲子園)
 3番に入った阪神・マートンが史上最速の6年目で日本通算1000安打を達成した。初回1死三塁で、中堅へ先制適時打を放ち、記念の花束を受け取った。

 3回にも中前打すると、2―1の7回2死満塁では、左中間を切り裂く走者一掃の二塁打で4打点。「6年前はこんなに長くタイガースにいるなんて想像できなかった。サポートしてくれた周りの人に感謝したい」と感慨深げに話した。

 ≪最速記録≫マートン(神)が3日広島戦(甲子園)の初回に福井から中安打を放ち、通算1000安打を達成した。プロ野球282人目、外国人ではラミレス(D)の2017安打を筆頭に13人目。初安打は10年3月26日横浜戦でランドルフから。809試合目での到達は歴代5位のスピード。6年目での達成は、10年の青木(ヤ)、鳥谷(神)まで13人がマークした7年を1年短縮する最速記録になった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年9月4日のニュース