U―18W杯決勝は9・6甲子園「初優勝を勝ち取りたい」

[ 2015年2月28日 05:30 ]

 日本高野連と全日本野球協会は27日、日本で初めて開催される第27回U―18(18歳以下)ワールドカップ(W杯=8月28日から10日間)の組織委員会を大阪市内で開き、大会の概要を決めた。

 日本、米国、キューバ、台湾、カナダ、韓国、イタリア、メキシコ、オーストラリア、ブラジル、チェコ、南アフリカの12カ国・地域が参加する予定で、決勝は9月6日に甲子園球場で行われる。日本高野連の竹中雅彦事務局長は「主催国という立場で、初優勝を勝ち取りたい。最強のジャパンを編成したい」と述べた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年2月28日のニュース