大和 新打法3安打 “鳥谷の穴”埋める?ショートも守った

[ 2014年11月12日 05:30 ]

<神巨連合・大リーグ選抜>3回2死、チーム初安打となる中前打を放つ大和

日本プロ野球80周年記念試合 阪神・巨人連合7―8大リーグ選抜

(11月11日 甲子園)
 大和が初披露した新打法でいきなり3安打を連ねた。安打はすべて中堅方向へ。第1打席は詰まりながら運び、第3、4打席はともに鋭いゴロを打ち返した。1四球を含めて4打席全出塁。TG連合の中で大きな存在感を示した。

 「結果が出てよかった。打席の中でいい感じにできていると思う。練習の中でしていることが打席の中でもできていた」

 中堅手として堅守を評価された今季は初のゴールデングラブ賞を獲得。初出場した先の日本シリーズでも好守を連発して満天下に大和の名を知らしめた。高い守備力を見せ付けたことで余計に打撃面の課題が鮮明になった1年だった。

 日本シリーズ後に再開した秋季練習から打撃フォーム改造に着手。腰や頭にゴム製チューブを装着して頭から突っ込む悪癖を矯正。バットを体の正面で構え、テークバックも大きくした。

 新打法で挑んだ初実戦の対戦相手は全米の猛者たち。「そう簡単に結果は出ないと思う」と控えめに臨んだ、ぜいたくな試運転で予想以上の成果が出た。メジャー投手の速球を力負けせずに打ち返した打球が何より変化の証しだろう。

 8回からは遊撃を守った。「打球が飛んでくるとかではなく、守れたことがよかった。めちゃくちゃ違和感あった。近かったです」。今季から外野手登録になっても内野手の心を胸の奥に秘める男の血は騒いだ。くしくも同じ日、正遊撃手の鳥谷は海外FA権を行使。和田監督は「テストでやったわけではない。あの時点で野手がいなかったから」と説明したが…。新打法による打撃開眼が成れば、ポジションはどこでもレギュラーの地位は安泰だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月12日のニュース