原監督 “救援転向”沢村に新球チェンジアップ習得指令 

[ 2014年11月12日 05:30 ]

ブルペンでチェンジアップの握りをする沢村

 巨人・原監督が沢村に新球チェンジアップの習得指令を出した。

 秋季キャンプを行う川崎市のジャイアンツ球場でのブルペン投球を開始した沢村に同球種をリクエスト。沢村は握りを変えながら20球以上投じた=写真。フォークボールの腕の振りや抜き方を研究している最中だが、原監督は「フォークボールは(制球が)あてにならない球種。150キロを超える速球で強い腕の振りがあれば、チェンジアップは有効」と説明。来季の救援転向が決まっている右腕は「自分を助ける意味で使えるように」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月12日のニュース