FA行使のオリ金子 阪神と巨人は現時点では静観の構え

[ 2014年11月12日 06:05 ]

FA権の行使を表明する金子

 オリックス・金子の国内FA権行使にも、阪神と巨人は現時点では静観する構えだ。

 阪神の球団関係者は「当面は静観して様子をうかがうことになると思う」と話すにとどめた。また巨人も既にFA補強ではヤクルトからFA宣言した相川、DeNAから金城の獲得に乗り出すことを決めており、金子の動向については慎重に注視していくとみられる。

 ▼ロッテ・伊東監督 日本球界を代表する投手なので、興味はある。ただ、獲得となると現実的ではない。

 ▼西武・鈴木葉留彦球団本部長 マネーゲームはしないから、ウチは。興味がないって言ったらうそになるけど…。

 ▼ヤクルト・衣笠剛球団社長兼オーナー代行 メジャーか残留かと思っていたから正直驚きだった。ウチは当初から成瀬を獲ると言っているので、(方針に)変更はない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月12日のニュース