能見 フォークで3者連続K斬り「精度はシーズン中よりも良かった」

[ 2014年11月12日 05:30 ]

<神巨連合・大リーグ選抜>2回1死、プイグを空振り三振に斬る能見

日本プロ野球80周年記念試合 阪神・巨人連合7―8大リーグ選抜

(11月11日 甲子園)
 阪神の能見が先発して2回無失点と貫禄の投球を披露した。「しっかり自分の球を投げれば、振ってくれるのをあらためて確認できた」と手応えをにじませた。

 見せ場は2回。打順は4番打者からで、今季メジャートップの118個の四球を選んだサンタナ、続くプイグ、最後は今季ナ・リーグ首位打者のモーノー。「1ストライク取ったら、あとは全部フォークボールを投げようと思っていた」と思い描いた通りに、いずれも低めに落として3者連続三振。「精度はシーズン中よりも良かった。投げるからには、結構真剣だった」と、してやったりの表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月12日のニュース