東大70連敗 慶大に2―13 リーグワーストに並ぶ

[ 2014年4月20日 13:37 ]

<東大・慶大>70連敗となった東大ナインが引き揚げる

東京六大学野球第2週 東大2―13慶大 

(4月20日 神宮)
 東大が慶大に大敗し、リーグワースト記録に並ぶ70連敗(2分けを挟む)を喫した。先発の辰亥は5回で2安打2失点と踏ん張ったが、2番手以降に登板した投手陣が崩れ、8回には7安打で7点を失った。打線は9回に内野ゴロの間に今季初得点を奪ったが、反撃が遅かった。

 東大は87年秋~90年秋に70連敗。昨年1月に桑田真澄氏を特別コーチとして招へいし、打撃部門を担当する谷沢健一コーチとともに立て直しを図った。桑田コーチが神宮で見守る中、不名誉な記録となってしまった。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年4月20日のニュース