阪神・西岡 甲子園に来ていた 極秘訪問で現状を報告

[ 2014年4月20日 06:05 ]

阪神の西岡

 3月30日巨人戦(東京ドーム)で福留と激突し、鼻骨骨折や左右第一肋骨骨折などで自宅療養中の阪神・西岡剛内野手(29)が、18日のヤクルト戦の試合前に甲子園クラブハウスを訪問していたことが19日、分かった。

 和田監督ら首脳陣、選手、スタッフと顔を合わせ、あいさつや現状報告を行ったもよう。完全に骨がくっついていない状況ではあるが、近日中にリハビリも開始する方向。一日でも早い復帰を目指し、少しずつだが、前進している。

 西岡は5日に自身のSNSサイト「Facebook」を更新し「毎日、阪神の試合が気になるし、頑張れ頑張れと応援しかできません!」と綴っていた。現在はテレビ画面を通して、日々チームの勝利を祈っている。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年4月20日のニュース